HOME>イチオシ情報>日常生活を、ストレスなく過ごすことは大切です。

思い出せない不便

医者と女性

日常生活で体験したことや行動したことは、一定の期間は覚えていることが普通ですが、軽度認知障害になると前日に行ったことが分からなくなります。毎日の生活習慣は覚えていますから、日常生活には大きな支障はありませんが、大切な仕事の続きや他人と交流したことは覚えていない場合があります。自分が自覚していない約束ごとや内容で、トラブルがおこる可能性が高いので、早めに心療内科や精神科を受診して、カウンセリングを受けることが大切です。また、体を動かしたり楽器を弾いたり、ダンスをしたり歌を唄うと脳トレになりますから、積極的に認知機能の改善に役立つことをすると良いでしょう。毎日のストレスを軽減して、デイサービスなどの介護施設を活用することで、軽度認知障害を改善することは可能ですから、諦めないことが必要です。独りで他人と交流をしないでいると、考えることをしなくなりますから、それは避ける必要があります。

個人に合った治療方法

介護士

日常生活に支障がない軽度認知障害は、その人に合った方法で改善することが大切ですし、治療方法じたいがストレスにならない工夫が必要です。好きな趣味の時間を充実させたり、家族間でのコミュニケーションを積極的にしたりすることで、だんだんに認知機能の回復がはかれます。思い出せないことを責めたりせずに、普通に接することも必要ですし、お薬を処方されたらしっかりと服用することも欠かせません。軽度認知障害は、認知症のように症状が進行してしまうリスクは低いので、頭をフル回転させるような行動をすることで、良い方向に進みます。家庭菜園やペットとの交流、お料理などもストレスの解消に役立ちますから、デイサービスなどのような、できる範囲で行える場所に出向くと良いでしょう。